※Masakiのだらけ事情により公開日時が去年の日付になっていますが、実際には記事執筆時点2020年2月26日現在の最新情報となっています。

前回SimpleTaxを使ったタックスリターンの紹介をしました。

[2020年最新]カナダ・ワーホリ自分でタックスリターンをする方法!!

タックスリターンの申請が終わったら次はCRAの登録です。

CRAに登録しないとチェックが家に届かないそうです。

なので皆さん必ず忘れないように登録してください。

CRA(Canada Revenue Agency)とは

CRAとはカナダの税務局です。

カナダ政府もしくは、州のために税を管理しています。

また税制度を通して得られる利益、インセンティブも管理。

マイアカウントを作成する事で、自分の税務管理をオンラインで行うことができるようになります。

具体的には次のような項目を閲覧したり、管理を行えます。

track your refund
view or change your return
check your benefit and credit payments
view your RRSP limit
set up direct deposit
receive email notifications
and so much more.

などなど

CRAの初期登録方法

まず最初にCRAのトップページへ行きましょう。

そうするとページの中ほどのOption2の中の「CRA register」をクリックして初回登録を行います。

次にSINナンバーの入力を求められるので、自分のSINナンバーを入力して「NEXT」をクリック

この画面では上から順に

・郵便番号

・誕生日

・T4のEmployment income – line 10100の中に記載されている数字の整数部分のみを記入。簡単に言えば年収ですね。

これら全てを入力したら「NEXT」をクリック。

次に、ユーザーIDとパスワードの設定。

ここは説明しなくてもみなさん分かるんじゃないかな。

パスワードは色々と制約があるので頑張って使えるパスワードを考えてください。

そして忘れないように。

そうしたら、お次はパスワードなんかを忘れたときのためのセキュリティーの質問の設定。

スクリーンショットは1問目のところしか撮っていませんが、実際には4問すべて設定する必要があります。

最後にログインするたびに質問をするか、しないかの設定があるのですが、私は面倒なので「Do not ask me a security question each time……」ってのがあったのでそっちを選択しました。

この次の画面で質問の確認がありますが、私のセキュリティーの質問をここに貼るわけにはいかないのでこのまま割愛させていただきます。ただ単に「NEXT」をクリックすればOK

ここまで進んでくると長ったらしい承諾事項的なのが出てくるのでちゃんと読んで(適当に読み飛ばしたのは内緒)一番下に先程設定したユーザーID、とパスワードを入力して「I agree」をクリック

これで初期登録は終了です。

この後に本人確認用でCRAから送られてくるセキュリティーコードを入力することでアカウントが完全に有効化されます。

今現時点では大部分の機能が制限されていてほとんどなにもすることができません。

セキュリティーコードはメールでも受け取る事ができる?みたいなのですが、私が登録したときには早すぎたのか、まだ電話での確認サービスが始まっていないとかなんとかでメールでのコード受け取りはできず。

郵送でセキュリティーコード受け取りました。

 CRAセキュリティーコード登録後の手続き

セキュリティーコードが郵送で送られてきた後にCRAにログインしたところ自動でセキュリティーコード入力画面が表示されたので、届いた手紙の中程に書かれているセキュリティーコードを入力。

太文字で「CRA security code: XXXXXXXX」って書かれているので簡単に見つかります。

ただこのセキュリティーコードは有効期限があるので届いたらできるだけ早く入力してアカウントをアクティベートしてください。

アクティベートが完了したらついにアカウントの全ての機能が使えるようになります。

タックスリターンを銀行口座へ直接振り込んでもらう方法

タックスリターンは通常小切手が郵送されてきますが、これでは引っ越しをした際などに小切手を受け取れない可能性が出てきます。

そんな問題を解決するのがCRAへの口座登録。

これをしておくことで自分の銀行口座へ直接タックスリターンを受けることができます。

小切手で受け取るよりも確実に早くタックスリターンを受けることができるので登録しておいて損はないでしょう。

なんで、自分も勿論登録したのですが、遅かったのか結局小切手で届きました。

来年からはすでに口座を登録済みなので直接振り込まれる事でしょう。

CRAにログインすると画面中程の右側に使える機能一覧みたいなのがあるので上から3番目の「Arrange my direct deposit」をクリック。

CPPとかは年金だったと思うのでこの記事を読んでくれている殆どの方は関係ないはずなので一番上を選んで「NEXT」

次にタックスリターン用の口座登録をしたいので一番上の「Start」をクリック

この画面では自分の銀行口座情報を入力。

口座情報の取得方法は銀行によって変わるのでそこは自分で調べてください。

因みにTDの場合はWEBからログインして確認することができます。

その他にも、自分の小切手を持っているなら小切手にも口座情報が印刷されています。

残念なことに私が口座を登録したときには既に遅かったらしく、「多分つぎの支払いは小切手になるよ」って言われました。

みなさんはこれが表示されなければ銀行口座に直接振り込まれるはずです。

最後にこの銀行口座他にも使うか?と聞かれますが私は今回選択せずに一番下の「I authorize the Receiver General to deposit……」だけにチェックを入れて「Submit」をクリック

これにてCRAへ銀行口座の登録は終了です。

さいごに

最後に、参考までに私が実際にタックスリターンを始めてから払い戻しを受けるまでにどれくらい時間がかかったのか書いておきたいと思います。

—事前準備—

2月上旬 雇用主からT4を受け取る

2月中旬 simpletaxを使って必要情報の入力作業

 

—申請開始—

2月24日 ネットのタックスリターンの窓口がオープン。本当はこの日に提出しようと思っていたのだが完全に忘れていた

2月25日 simpletaxからCRAへ提出ボタンを押したものの、ちょうど24時を回ってしまい提出できず

2月26日 今日こそはと、仕事から帰ってきてすぐにCRAへ提出した後、CRAアカウントも作成

3月2日 CRAからセキュリティコードが届き、アカウントをアクティべート、口座登録

3月5日 返金金額が確定

3月10日 自宅へ小切手が届く

 

申請開始からの所要期間 16日(2週間ちょっと)

他の方の記事を見ていると小切手が届くまで数ヶ月かかるなどと書かれていたので、遅くなるんだろうなとは思っていましたが、最速で手続きを進めたところ驚くほどの速さで小切手が送られてきて驚きました。

ただ4月の締め切りギリギリに申請を開始したらCRAも混雑しているので時間がかかるのだと思われます。

なのでワーホリの方など、帰国前に絶対にタックスリターン受け取りたいなんて人はできるだけ早く動き始めたら案外早く返ってくるよというお話でした。